なかなか知ることのできない、教育のシステムについて。

日本の教育水準について

日本の教育システムについては、常に社会問題化しているテーマであるということができます。
しかし、そのような問題については、日本の教育水準がどの程度まで上昇しているか、すなわち、日本の教育システムを採用していることによってどのような成果が出ているのかという点が非常に重要となります。
そのため、以下においては、この点について説明いたします。
まず、日本の教育システムは、文部科学省を中心とした国家機関と、地方公共団体が所管する教育委員会によって作成された教育指導要領に基づいて教員が教育を行うという中央統制型の教育システムを採用しています。
これは、教育内容については憲法上の権利である子女が教育を受ける権利を全うするために、全国画一な教育水準を保つ必要があるという要請に基づいて行われています。
そして、中央統制型の教育システムを採用することによって、教師の授業内容を決定における裁量権の範囲は非常に狭くなっているということができます。
また、画一的な教育システムを採用していることから、その画一的なシステムよりも優秀なシステムが存在している場合であってもこれが排斥されるというデメリットが存在します。
そして、このようなシステムによってもたらされた日本の教育水準は、世界的にみても高水準となっており、前述の画一的システムのデメリットを考慮しても、なお合理的なシステムであるということができます。
仮に、日本のような画一的なシステムを採用せずに教師に広範な裁量を与えた場合には、その授業を担当する教師の腕前によって教育内容にばらつきが見られるという点と、教師に対して付加する負担の割合が課題となることによって、学校運営が円滑にならないという大きなデメリットが生じる可能性があります。
そのため、日本の採用している教育システムそれ自体については、現在の世界情勢にかんがみれば十分な合理性を有しているということができます。